読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六輪生活日記

懐かしい寝車1号さん。新潟県の燕温泉へ登ってきましたがオーバーヒート寸前。ボンネット開けたまま露天風呂に入ってきました。TDMは卒業。残るはTLのみ。

ボイス

beat2004-12-28


「ハナちゃんには、宝の持ち腐れだったね」と言ったのは、甥っ子がうちの駄犬の為にクリスマスプレゼントを持ってきたときだった。
「そうやね、猫に小判か豚に真珠と思うけど・・・」
頂いたのは一時期流行った「バウリンガル」という犬の鳴き声で気持ちを翻訳するという機械。
お!!、これが「バウリンガル」か。
と嬉しがったのは、おバカな夫婦二人だけ・・・。
しかし考えてみると、うちの駄犬、3〜4日に一度しか鳴かないのでした。
しかも、「メシくれ〜・水飲ませろ・出す(大小)・ドアを開けろ」このパタ−ンしか鳴かないので、どのような気持ちかが100%わかる。
仕方が無いので、私がマイクにむかって「ウォン、ウォン」と叫ぶはめになってしまったが機械に出てきた言葉は、「う〜、遊んでよ〜」。
こうやってイブは過ぎていきました。なんだかな〜〜。